ひげそりあとのカミソリ負けが嫌なので仙台でヒゲ脱毛を考えています。

毎朝の髭剃りにうんざりしています。
私のひげはしっかりとはやすほど立派な濃いものではなく、かといって手入れをしないととても汚らしく見えます。
あごや口周りだけではなく耳の後ろや首筋にまでぽつぽつと薄く生えてくるのでとてもだらしなく見えます。
また首筋や耳周りに散在するひげは密度も薄いのでなかなか気が付きにくく、ふと手が触れた時に1センチくらいまでだらしなくピョロっと伸びています。
これで仕事やデートにいっていたのかと思うと恥ずかしくて恥ずかしくて・・・。

ひげを剃るにあたって一番剃り味が良くすっきりするのはT字カミソリなのですが、私は皮膚が強くないのですぐにカミソリ負けしてしまうのです。
剃り終わってみると顔中血だらけでひりひりする、といったことはしょっちゅうです。
最近は電気シェーバーを使ってひげ剃りをするようになったのでカミソリ負けは幾分かましにはなりましたが、それでも深剃りしようとぐりぐりと電気シェーバーを押し付けるとカミソリ負けをしてしまいます。

電気シェーバーで皮膚が切れた時は血は出ないのですが、必ずといっていいほど白く生んでニキビになるので、一年中つねに口の周りにはニキビが出来てきて憂鬱です。
しかも電気シェーバーは首筋など皮膚が柔らかくて曲線が多い所は非常に剃りにくく、何回当ててもきれいにすっきり剃ることが出来ません。
また剃り逃して長く伸びてしまったひげもあまり上手に剃ることが出来ず、はさみで長い部分を切った後に剃らなくてはいけません。

深剃りを売りにしている高性能の電気シェーバーを使っていますがT字カミソリの剃り味とは程遠く、剃ったあともチクチクしますしすぐに伸びてきてしまうのです。
オシャレひげにもならないのであればいっそのこと脱毛してしまってツルツルになりたいと最近特に強く思っています。

ひげそりから解放されれば口の周りのニキビも減りますし、朝忙しい時間にわざわざ時間をかけてひげを剃るための時間を節約できるので有意義に過ごせると思うのです。
一日3分ひげを剃ったとして一週間で20分。一ヶ月で80分、一年でなんと960分も節約できるではありませんか!
最近本気でひげの脱毛を考えています。このサイトで口コミが良い安いヒゲ脱毛サロンを探しているんです。

体験脱毛があるかチェックする

メンズ脱毛にすごく興味はあるけど、申し込むのは躊躇してしまうという男性は多いと思います。

メンズ脱毛でどのような施術なのか、痛くはないだろうかといろいろな不安があると思いますし、そもそも脱毛のことはよく分からないという人も男性の場合は多いと思います。

そういった人であれば、メンズ脱毛のサロンで体験脱毛を行っているところで実際にどのようなものかを体験してみることをおすすめします。

特にヒゲ脱毛をしたいと思っている人は事前に体験脱毛をしておくことは非常におすすめです。その理由はヒゲ脱毛が他の部位よりも痛みを感じやすい箇所になるので、どれくらいの痛みがあるのかは事前に知っておいた方が良いと思います。

これくらいなら大丈夫だと事前に確認しておくことが出来れば安心して施術を受けることが出来ますし、事前に確認することなく契約して施術を受けたら痛いのに我慢できなくて施術を断念してしまうということを避けることも出来ます。

また痛みが強いかどうかは、毛や肌の質だけではなく施術者の技術も関係してくるので、施術者の技術も確認することが出来ます。

また、痛みだけではなく施術を受ける場所はリラックスして受けることが出来るかなどのチェックもすることが出来ます。

脱毛が初めてという人にとっては、事前に脱毛の施術を体験することが出来るかどうかで、脱毛に関する情報量に大きな差が出てくるので、ぜひ体験脱毛を経験した上でサロンを選んでいくことをおすすめします。

ヒゲ脱毛するならオススメのサロンはこちら⇒ヒゲ脱毛難波

スタイリッシュなラグジュアリーブランド

この間、バレンシアガの財布をZOZOTOWNのツケ払いで購入したんですが、ツケ払いしたのを忘れてて、危うく支払い日に入金するのを忘れていました。

ギリギリ支払いする事が出来たんですが、もし払えてなかったらどうなってたのか?危なかったです。

<※http://xn--n8jal0lqoxd6051bba.jp/

ラグジュアリーブランドといえば、ヴィトンやエルメス、グッチなどのブランドの名前をほとんどの人が頭に浮かべます。

すでに日本では90年代からヴィトンやエルメスなどの「有名すぎる」ラグジュアリーブランドは一般的になってしまっており、みんながこぞって、わたしもわたしも!と欲しがるブランドじゃなくてもいいんじゃない?というのが私の勝手な感想です。

ファッションとしての利用価値が下がってしまっている印象があります。
バレンシアガの知名度はこれらのブランドと比べると日本では知らない人も多いです。

それ以外にもロエベやコーチなど挙げればいくつかありますが、上記のブランドと肩を並べるネームバリューを持っています。

バレンシアガもそんなブランドのひとつです。

元来ウェアを始めとするオートクチュールから始まったブランドなので、ヨーロッパのラグジュアリーブランドが得意とするモード感が際立っており、歴史が長く由緒あるラグジュアリーブランドです。

庶民の私にはバッグや財布のイメージがつよく、バレンシアガを使用している方は、主に百貨店の店舗にてプロパー価格での購入ができる、いわゆるお金持ちと言われる顧客さんが多いのではないかと思います。

さらに追記するならば、バレンシアガを愛用していらっしゃる方は「有名すぎる」ラグジュアリーブランドではなく、「敢えて」バレンシアガを選んだわけです。

その商品の歴史や背景に価値を見出し、自分を表現するツールとしてファッションに取り入れています。

なのでわたしから見たバレンシアガを愛用している方の印象は、「周りに流されずに、自分の美的感覚を信じている、おしゃれでカッコイイひと。」という印象になります。

男性ホルモンが強い私

遺伝なのか体毛が濃いタイプの私。以前気にして腕、脚、脇をカミソリで処理していました。するとそのせいで生えてきた時にはチクチクするし余計に濃くなってしまって、数年前に決心してレーザー脱毛をしました。すっかりきれいになって満足しています。

そして今脱毛したい箇所が口周りです。男性ホルモンが多いタイプなのか気が付くと口ひげがうっすら生えてしまい、いつもかみそりで処理をしています。肌への負担のあるし、この作業がなくなると楽だなと思いやってみたいです。

毎日剃るとなると、以前私が腕などで失敗したように余計に濃くなる可能がありそうで、なるべく毎日は行わないようにしていますが、やはり人と会う時などは気になるので朝鏡でチェックして生えてきているようなら剃るようにしています。

脇などなら、毛抜きも使えますが口回りはデリケートなので今のことろ、肌に負担のないように軽く剃るしかありません。時々口周りにニキビができてしまったときなどはとても難しいです。また不器用なため、肌を傷つけてしますことあって悩みのたねです。

他の女性を至近距離で見る機会があると、つい口周りに目が行ってしまいます。そして口ひげが目立つ人がいると、女子的にまずいな、と他人事ながら思ってしまうので自分の気をつけなければと思います。女子の私が見て思うくらいなので、男性からみたら口ひげが残る女子はちょっと引かれてしまうでしょう。

以前、脇の処理を自分でしていた時は毛穴が目立ち肌も荒れがちでしたが、脱毛をして自己処理の負担がなくなったら、脇がつるつるになった経験から、口周りも脱毛すればいつでもきれいな状態でいられるのかなと期待します。

私は特にズボラなタイプなので、なるべくスキンケアとかメイクに時間をかけたくないので口周り脱毛をすればヒゲを気にしなくてよくなるのはかなりメリットです。初期投資はかかる脱毛ですが、終えてしまえばやってよかったと思えるはずなので、ぜひ今度挑戦したいと思っています。

※宇都宮市の脱毛情報…http://xn--n9j411kmda330ejfzg2t.jp/

「自殺マニュアル」のあらすじ

森下千里さんのファンなので、主演を務める「自殺マニュアル」の映画を観に行きました。どんな映画だったか紹介しておきますね。

 

あらすじ

S県、冬。自殺ネットで知り合った4人の若い男女が、空きアパートの一室で七輪の練炭を炊いて集団自殺をおこなった。
翌日、警察が4つの遺体を運び出し、現場検証を始める中、刑事の西山(堀江慶)は、自殺者の一人が持っていた、一枚の黒いDVDを発見する…。

半年後。ローカルTV局の新米ディレクター、橘悠(水橋研二) とADの泉川利恵(森下千里)は、上司のプロデューサー、屋代啓太(英雄)の依頼で、頻発する集団自殺についての取材を始める。二人は、半年前、集団自殺があった空きアパートに潜入するが、そこで自殺に加わるはずだった高校生、熊谷ななみ(前田 綾花)と出会う。ななみが持っていたのも、黒いDVDだった。自殺系サイトで”死ぬ権利”をうたう謎の女、リッキー(中村優子)から、本気で自殺を考えている者にだけ贈られてくるという…。

ななみからDVDを借りた悠は、真夜中の社内で、DVDを再生する…。それは「自殺マニュアル」というタイトルで、リッキ―を案内役に、「首吊り」や 「飛び込み」「クスリ」など、様々な自殺の方法を映し出したものだった。このDVDを見た者が次々と自殺する…?悠は慄然とするが、彼もまたそのDVD にのめりこんでいく。利恵はそんな悠を心配げに見守る…。

数日後、悠と利恵は、自殺霊専門の霊媒師、早瀬時久(戸田昌宏)を取材する。霊媒師は「自殺者の霊魂は、自殺霊となって、この世をさ迷う。厄介なのは 他人に憑りついて、その人も自殺に導いてしまうことです」と話し、実際に、自殺霊にとりつかれた女性、永沢美希(安藤希)の徐霊に立ち会わせる。悠にはにわかには信じられない光景だったが、悠の顔を見た霊媒師は「あなたも気をつけなさい」と意味深げに忠告する。
取材を進める悠だったが、その矢先、集団自殺を担当した西山刑事が警察署内でピストル自殺する。死体の傍らにはやはり「自殺マニュアル」DVDが…。

 

さらに、ななみも「リッキ―と話をした」という謎めいたメッセージを残して、ビルから飛び降り自殺をしてしまう。ななみを救うことができなかった悠は、焦燥と怒りを募らせ、自殺系ネットに大量のメッセージを書き込み、リッキ―とのコンタクトを試みる。現実と幻想が交錯する中、やがて悠のパソコンに、リッキ―から一通のメールが届く。確実に自殺する方法をみんなで話し合うという。悠と利恵は、リッキ―に会うため、自殺志願者が集まるバーに潜入するが …!?

事件のカギを握るリッキーを追う悠と利恵。その周辺で起きる、恐るべき自殺の連鎖。謎が謎を呼ぶ中、彼らがたどりついた、驚くべき真実とは!?