「自殺マニュアル」のあらすじ

森下千里さんのファンなので、主演を務める「自殺マニュアル」の映画を観に行きました。どんな映画だったか紹介しておきますね。

 

あらすじ

S県、冬。自殺ネットで知り合った4人の若い男女が、空きアパートの一室で七輪の練炭を炊いて集団自殺をおこなった。
翌日、警察が4つの遺体を運び出し、現場検証を始める中、刑事の西山(堀江慶)は、自殺者の一人が持っていた、一枚の黒いDVDを発見する…。

半年後。ローカルTV局の新米ディレクター、橘悠(水橋研二) とADの泉川利恵(森下千里)は、上司のプロデューサー、屋代啓太(英雄)の依頼で、頻発する集団自殺についての取材を始める。二人は、半年前、集団自殺があった空きアパートに潜入するが、そこで自殺に加わるはずだった高校生、熊谷ななみ(前田 綾花)と出会う。ななみが持っていたのも、黒いDVDだった。自殺系サイトで”死ぬ権利”をうたう謎の女、リッキー(中村優子)から、本気で自殺を考えている者にだけ贈られてくるという…。

ななみからDVDを借りた悠は、真夜中の社内で、DVDを再生する…。それは「自殺マニュアル」というタイトルで、リッキ―を案内役に、「首吊り」や 「飛び込み」「クスリ」など、様々な自殺の方法を映し出したものだった。このDVDを見た者が次々と自殺する…?悠は慄然とするが、彼もまたそのDVD にのめりこんでいく。利恵はそんな悠を心配げに見守る…。

数日後、悠と利恵は、自殺霊専門の霊媒師、早瀬時久(戸田昌宏)を取材する。霊媒師は「自殺者の霊魂は、自殺霊となって、この世をさ迷う。厄介なのは 他人に憑りついて、その人も自殺に導いてしまうことです」と話し、実際に、自殺霊にとりつかれた女性、永沢美希(安藤希)の徐霊に立ち会わせる。悠にはにわかには信じられない光景だったが、悠の顔を見た霊媒師は「あなたも気をつけなさい」と意味深げに忠告する。
取材を進める悠だったが、その矢先、集団自殺を担当した西山刑事が警察署内でピストル自殺する。死体の傍らにはやはり「自殺マニュアル」DVDが…。

 

さらに、ななみも「リッキ―と話をした」という謎めいたメッセージを残して、ビルから飛び降り自殺をしてしまう。ななみを救うことができなかった悠は、焦燥と怒りを募らせ、自殺系ネットに大量のメッセージを書き込み、リッキ―とのコンタクトを試みる。現実と幻想が交錯する中、やがて悠のパソコンに、リッキ―から一通のメールが届く。確実に自殺する方法をみんなで話し合うという。悠と利恵は、リッキ―に会うため、自殺志願者が集まるバーに潜入するが …!?

事件のカギを握るリッキーを追う悠と利恵。その周辺で起きる、恐るべき自殺の連鎖。謎が謎を呼ぶ中、彼らがたどりついた、驚くべき真実とは!?